住宅品質

QUALITY

安心・安全・快適な暮らしを生み出す
充実の設備・仕様と構造

構 造

Construction

鉄筋とコンクリートで
大切な家を支えるベタ基礎

ベタ基礎と呼ばれる、建物の底板一面を鉄筋コンクリートで支える基礎(耐圧盤)を採用しています。一般的な「布基礎」と呼ばれる1階の壁の下だけに基礎を配置する形と異なり、家の荷重を底板全体で受け止め、建物を支えるため、負荷が分散して安定性に優れることになります。耐圧盤コンクリートは150mm厚で不同沈下を抑制します。

信頼の金具が接合部、柱と土台をしっかり固定し、
耐久性、耐震性の向上を実現

接合金物材とプレカット材を使用することにより1棟1棟の品質の差をなくし、より安心・安全な建物をお届けします。従来の木造在来工法では弱点とされた柱と土台、梁と梁、梁と柱などの接合部分を、構造金物を使用することによって耐力を高めます。阪神・淡路大震災で倒壊した住宅の多くが接合部の強度不足だった教訓をいかし、適材適所に耐震金具を配し、安心して長く住み続けられる強い家づくりを実現しています。従来木造在来工法を超越したパフォーマンス性能の高さも特徴です。

地震や台風に強い耐力壁パネルを採用

ガーデンスクエア湘南辻堂は、国土交通大臣認定を取得した9mm厚パーティクルボードの構造用耐力面材「novopanSTPⅡ」を使用しています。novopanSTPⅡは、木造軸組工法(大壁)で2.9倍という高い壁倍率を取得。パーティクルボードの特性を活かした地震や台風に強い家をつくります。

寒い冬でも暖かく、暑い夏でも冷房効果が持続

断熱は、住まいの温熱環境や、住む人の健康に影響を与える住まいづくりの重要なポイントです。レモンホームの断熱材は高性能グラスウールを全棟採用。断熱性能が優れているため、寒い冬でも暖かく、暑い夏でも冷房効果が持続。まるで魔法びんのように冷暖房効果を保ちます。そんな断熱性能を長期間維持できる劣化の少なさも特長です。

2層構造のシングル屋根材を使用

屋根材はガラス繊維補強されたアスファルト基材が2層構造となっており、1層目の一部をくし形にカットすることで2層目が現れるデザインにしてあります。このデザインが段差を生み、陰影がある重厚感を醸し出します。

フレームと樹脂の高性能ハイブリッド窓で
断熱性能が大きく向上

高断熱窓をはじめ断熱化された住まいは、部屋ごとの温度差を抑えることができます。これは高齢者に起こりやすい冬期のヒートショック対策に効果的。寒くなりがちなトイレ、廊下、浴室などとの温度差を少なくすれば、快適さと同時にカラダへのやさしさにもつながります。
※掲載の画像はイメージになります。

ページトップ


レモンホーム株式会社
〒254-0911 神奈川県平塚市山下1078-1

© 2017 Lemon Home Co., Ltd. All Rights Reserved.